Versions Compared

キー

  • この行は追加されました。
  • この行は削除されました。
  • Formatting was changed.
コメント: Migration of unmigrated content due to installation of a new plugin

...

コミットは、DB構成の同期も取って

大抵、アプリケーション開発では、SCM

{footnote}
Wiki Markup
Footnote Macro

構成管理システム。例えばSubversion,

Git等。

{footnote}

を使って、変更履歴を管理します。この構成管理のメリットは色々ありますが、代表的なメリットは以下の通りです。

  • いつ, 誰が, どこを, どのように, (なぜ

    {footnote}SCMだけだと、Whyの完全な管理は難しいですが…。{footnote}
    Wiki Markup
    Footnote Macro

    SCMだけだと、Whyの完全な管理は難しいですが…。

    )変更したのかを管理できる。

  • アプリケーションの動作に必要なファイル群をひとまとめにできる。
  • 何かトラブルがあった時など、過去の状態をいつでも呼び戻せる。

...

これらのファイルを構成管理したがらない人が主張するのは「関係ないファイルを置きたくない」「置いても管理できない」等かな。設定ファイルやドキュメントは果たして「関係ないファイル」なのか。構成管理システム下に置かない事で「管理できるようになる」のか。今一度考えて頂きたいところです。これは、そもそものプロジェクトディレクトリ構成の作り方が間違ってるんじゃないかなー、と思ってます。分かりやすいように

{footnote}私が説明しやすいようにw{footnote}
Wiki Markup
Footnote Macro

私が説明しやすいようにw

EclipseでのWebアプリケーションプロジェクトを想像してみる。プロジェクトの直下がWebのコンテキストルートだったりしませんか? プロジェクト直下にWEB-INFがある感じ。

...

さらにJiemamyモデルファイルは、マージ容易性を考慮したXML

{footnote}XMLだからマージ容易なのではない。マージ容易なXMLを作るように努めている、という感じ。{footnote}
Wiki Markup
Footnote Macro

XMLだからマージ容易なのではない。マージ容易なXMLを作るように努めている、という感じ。

になっています。つまり、万一他のメンバと変更が重なっても、比較的楽にマージできるようになっています。前回お話したER図のデータファイルなんかは、下手するとバイナリファイルですから、その時点でマージは断念。

...

Jiemamyモデルでは、この「テーブルにINSERTするデータ」も同時に管理します

{footnote}他のERエディタでこの機能を実装しているものは少ないですね。大抵CREATE文までしか面倒見てくれない。{footnote}
Wiki Markup
Footnote Macro

他のERエディタでこの機能を実装しているものは少ないですね。大抵CREATE文までしか面倒見てくれない。

。さらに、「データセット」として、複数の「INSERTするデータの組み合わせ」を管理することもできます。

...

そんなときも、データセットを使えば良いです。このテスト用のデータセットぶっこめー。テストしたー。次のデータセットー。と、テンポ良くテストを進めることができます。
その他、データセットの使い方はまだまだ色々考えられるかもしれません。

...

Display Footnotes Macro

...

Wiki Markup
{scrollbar}