{scrollbar}

目次

Eclipseをインストール・設定した後に、プラグインをインストールする必要があります。

Eclipseにプラグインをインストールするために「更新サイト(update site)」を使います。下記URLを1つ1つ登録するのも大変なので、一気にインポートする方法を。

更新サイトの登録

  1. bookmarks.xmlをダウンロードする
  2. Window > Preferences を選択(Macでは、Eclipse > 環境設定 を選択)
  3. Install/Update > Available Software Site を選択
  4. Importボタンを押下し、ダウンロードしたbookmarks.xmlを指定する

インストール

Marketplaceのインストール(Classicのみ)

Eclipse Classicのデフォルト状態にはMarketplaceが入っていませんので、まず手動でインストールします。

  1. Help > Install New Software を選択
  2. Indigoリポジトリを選択し、Marketplace Clientを選択
  3. インストール対象を確認する
  4. ライセンスを確認し、acceptする
  5. 待機(結構時間がかかります)
  6. セキュリティチェック
  7. 再起動

必須なプラグイン導入

事実上必須だと思うのは以下の4つです。

手順は以下の通り。

  1. Help > Eclipse Marketplace を選択
  2. 適当なキーワードで検索
  3. Installボタンをクリック
  4. インストール内容を細かく選択できる画面があるが、基本的に全チェックで良い
  5. あとはライセンス同意、セキュリティチェック等

m2e

eclipse-cs

FindBugs

Subversive

Subversiveは少し特殊で、再起動後のいずれかのタイミングで、以下のように追加コンポーネントのインストールを要求されます。

これが出て来たタイミングでインストールしましょう。SVNKitの1.3系最新バージョンを選べばOKです。

最低限、以上までのプラグインがあればJiemamyのビルド可能です。

その他プラグインの導入

あとはお好みでプラグインを導入します。

Marketplaceから導入できるもの

Install New Softwareから導入するもの

都元が個人的に入れたり入れなかったりするプラグインメモ

この辺りはJiemamyに関係ありませんので、Jiemamy目的の方はスルーで。

以下、Marketplaceで入ると思う。

以下、多分Update siteにしかないと思う。

Jiemamyの開発かどうかに関わらず、都元はいつもこのページを参考にして必要なEclipseを組み上げています (smile)


{scrollbar}