Skip to end of metadata
Go to start of metadata

Introduction

Jiemamyは、オープンソースのデータベースモデリングツールです。ダイアグラム上で、ER図を書くことにより、データベースのスキーマを定義することができます。

Webアプリケーションの開発プロセス

Webアプリケーションを開発する場合、大抵バックエンドにはDBサーバが必要になり、アプリケーションとDBは協調動作を行うことになります。

つまり、アジャイルプロセスにおいては、開発に伴ってDBスキーマの設計・修正を続けていく事は避けられません。(最初の段階でDBの設計を完璧にしよう、というのはウォーターフォール型開発の考え方です。)

SQLの編集作業は大変

しかし、SQLの直接編集は大変な作業です。カラム名の変更1つをとっても、他テーブルの外部キー定義やINSERT文のカラム指定等、連鎖的に修正しなければいけない部分が多岐にわたります。

スキーマだけではなく、データも必要

さらにもう一つ。「データベースの進化的設計」からの引用。

スキーマとテストデータから成るデータベース
私たちがここでデータベースを語るとき、それはスキーマのみを意味しているのではなく、当然沢山あるデータをも意味している。ここで言うデータとはアプリ ケーションのために用意された一般的なもの、たとえばお決まりの合衆国各州のリストや、何人かの顧客を模したサンプルテストデータ等だ。
データがデータベースに入っている理由はさまざまだが、そのひとつにテストがある。私たちは、自動化された大量のテストを使用してアプリケーション開発を 安定させる手法を熱烈に支持している。大量のテストはアジャイルメソッドの一般的なアプローチだ。これらのテストを有効に機能させるためには、サンプル データの入ったデータベースで作業を行うのがよい。そうすれば実行前にデータが入っていることを前提にテストを書くことができる。

そう、Webアプリケーションが動作する為には、最低限DBにスキーマが定義されている必要がありますが、ア プリケーションによってはテーブルに「初期データ」が入っている必要があるものもあります。つまり、DDLと共にDMLも管理する必要があるということで す。これは従来のモデリングソフトでは管理できない問題でした。

JiemamyではSQLを意識せずに済む

SQLの編集作業が好きであれば幸せです。しかし、嫌いであってもそんな設計・修正作業を、せめてDB初期設定のSQLを意識せず、全てGUI(ダイアグラム)上での編集で済ませられるのであれば、少しだけ幸せになれるかもしれない。

Jiemamyはそんなソフトウェアです。

Labels
  • None