Skip to end of metadata
Go to start of metadata

「ググれカス」禁止

何か支障をきたすまで、何か質問をしたユーザ・開発者両者に対して、「ググれ」で済ますことはしません。せめて、一言参考URLを示すだけでも。誠意を持った対応を心がけます。

不明確なタスクには説明を求めて

Jiemamy Projectは、ITS(JIRA)による課題管理をしています。その課題は、オープンである限り、コミッタの誰でも取り組むことができます。

課題の説明において、タスクの内容が理解できなかった場合は、「意味が分からないので詳しく説明してください」としかるべき人

1

に説明を求めてください。そういう場合でも、「説明する位だったら俺がやったほうが早い」っていう風には判断しません。みんなで作るの、大事です。

テストがコケなければOK

この変更をしてもいいのだろうか? 分からないと思います。しかし、これを気にしていたら、おそらく永遠にコミットできない。既存の単体テストさえ壊れなければコミットしてOKです。もしそのコミットに問題があるのであれば、それは「テスト不足」ってことなので、テストを拡充します。

問題があるコミットをした人が悪いのではなく、テストが足りないのが悪いのです。っていうか悪い人なんていません。

それでも不安ならばレビューを

Jiemamy Projectの開発インフラには、Crucibleというコードレビューツールがあります。不安ならば、ひとまずコミットして、レビューに回してしまいましょう。レビューを通過したならば、何も問題はないじゃないですか。


Footnotes
Ref Notes
1 多分、そのチケットを作った人が適任。
Labels
  • None